2018年10月19日
  • 完全個別指導塾&家庭教師派遣の東大螢雪会

高校に入って目標にすべきこと

  • 2018年5月2日

質問


質問者
僕は地方の公立高校に通う高校1年生です。第1志望校に合格できたのですが、学区内では「中の上」程度のレベルの高校です。地元にある国公立大学医学部を志望しているのですが、今は高校受験が終わったばかりで、ほとんど勉強をしていません。勉強に対するモチベーションが下がっている訳ではないのですが、まず何を目標にすべきかがわからない状態になっています。アドバイスをお願いします。

回答

第1志望校に合格・進学されたのですね。まずはおめでとうございます。高校受験も大学受験と同様に大変なものですから、大きな達成感を得られたのではないでしょうか。高校受験での成功体験は大学受験でも必ず生きてきますので、今後も頑張っていきましょう。
ところで、ご質問の方のような高校1年生がまず最初に目標とすべきことがあります。これはその後の高校での勉強を方向付けると言っても過言ではないかもしれません。

【高校1年生がまず最初に目標とすべきこと】

1学期の中間テストが終わるまでに実施される全てのテストで良い点数を取ること。

これです。まずはこれを目標にしてください。ではその理由を説明しますね。

― 地方の公立高校であれば、生徒全員が高校受験をして一斉に入学することになります。同じ中学校や塾に通っていた友人・知人以外は、全く知らない者同士が学校生活を送ることになります。ここで、次のような3人の生徒さんがいたとします。

  • Aさん:冗談を言って皆を笑わせる生徒さん
  • B 君:体育の授業で身体能力の高さを誇る生徒さん
  • C 君:テストで良い点数を取る生徒さん

この3人の学校生活を予想してみましょう。

<Aさんの学校生活>
Aさんは、冗談を言って皆を笑わせるので、「Aさんは面白い人」というポジションを得ることになり、Aさんはクラスのムードメイカーとしての役割が期待されることになるでしょう。そのため、Aさんは、たとえ自分の気分が落ち込んでいても、クラスの雰囲気を明るくするために面白い冗談を言うようになり、さらに面白い人になっていくでしょう。
<B君の学校生活>
B君は、体育の授業で身体能力の高さを誇るので、「B君はスポーツマン」というポジションを得ることになり、例えば、球技大会が行われるような場合には、まず最初にB君が選手に推薦されることになるでしょう。そのため、B君は、たとえ球技が苦手であっても、クラスの勝利のために陰で練習するようになり、さらにスポーツマンになっていくでしょう。
<C君の学校生活>
 C君は、テストで良い点数を取るので、「C君は勉強ができる人」というポジションを得ることになり、C君は次のテストでも良い点数を取るだろうと皆が考えるようになるでしょう。そして、クラスメイトがC君に、例えば、数学でわからないところを教えてもらいに来ることになるでしょう。そのため、C君は、たとえ数学が苦手であっても、そのクラスメイトのために陰で勉強するようになり、さらに勉強ができるようになっていくでしょう。

国公立大学医学部への合格者は、ほとんどがC君のような学校生活を送っています。ですので、ご質問の方もC君を目指して頑張ってください。
では、C君のような学校生活を送るためには、どうすればよいのでしょうか?「勉強ができる人」というポジションが固まり始めるのは、やはり1年生の1学期の中間テストです。もしそれまでに小テストがあれば、それらも対象になります。つまり、1年生の1学期の中間テストが終わるまでに実施される全てのテストで良い点数を取ることをまずは目標にしてください。そうすればC君のような学校生活が始まることになります。その後は、C君のように「勉強ができる人」というポジションを失わないように努力を継続してください。これこそが、国公立大学医学部のような難関大学への合格の道なのです。
ところで、C君とは真逆の「勉強ができない人」というポジションになってしまったとします。そうなると状況は一変します。「次のテストでは○○から出題されるらしい」とか「△△という参考書が良いらしい」といった学力アップのための情報は「勉強ができる人」の周りには集まってきますが、「勉強ができない人」の周りには集まってきません。さらに、「勉強ができない人」同士が集まるようになれば、「テスト近いけど、勉強しなくてもいいよね」といった空気に取り囲まれてしまい、勉強に対するモチベーションはさらに下がっていき、より勉強ができなくなっていきます。このような状況になってしまうと、国公立大学医学部への合格は夢で終わってしまう可能性が高くなってしまいます。
何事も最初が肝心です。まずは、1年生の1学期の中間テストが終わるまでに実施される全てのテストで良い点数を取ることを目標にして頑張ってください。