2018年8月16日
  • 完全個別指導塾&家庭教師派遣の東大螢雪会

ちゃんと返事をしてくれない息子

  • 2018年5月1日

質問


質問者
1浪の医学部志望の息子を持つ母親です。息子は大手予備校に通っていて、いつも夜遅くに帰ってきます。しっかり勉強しているかどうか不安なので、「ちゃんと勉強してるの?」と本人に聞いても、「うるさいな」と言わんばかりに、まともに答えてくれません。どうすれば良いでしょうか?

回答

これまで様々なタイプの受験生の親御さんとお話しさせていただいております。特に1~2浪の息子さんをお持ちのお母さんから、このようなご相談を受けることが多いかもしれません。
 一般的に1~2浪の男子の生徒さんは、親御さん、特にお母さんと積極的にはコミュニケーションを取らない傾向にあるかもしれません。確かに「お母さん、お母さん」とすり寄っていくようなその年代の男子はあまり見ないですよね。それは、お母さんのことが嫌いなのではなく、その年代の男子特有の「何だか照れくさい」という気持ちからくるものだと思います。ですので、お母さんに対してそっけない態度であっても、気にされなくて良いと思います。
 しかしながら、お母さんの中には、「息子がそっけない態度なので、私も息子にそっけなくする」という方がいらっしゃいます。ただこれは、親子の関係をさらに悪化させることになる可能性が高いと思います。その理由は次のフローの中にあると思います。

- 基本的にお母さんのことを嫌いな息子さんはいないと思います。しかし、先程の「何だか照れくさい」という気持ちから息子さんはお母さんに対してそっけない態度を取ってしまいます。そうはいっても、息子さんはお母さんにいつまでも自分を見ていてほしいと考えています。そのような状況で、もしお母さんがそっけない態度を取ってしまうと、それに対して反発心を覚える息子さんが多く、一層お母さんに対して距離を取ることになってしまいます。

 ですので、息子さんがいくらそっけない態度であっても、お母さんには温かく息子さんを見守り続けてほしいと思います。よろしくお願いします。
 ところで、このご相談には、もう1つ別の、大きな問題が隠れています。それは、通っている大手予備校が生徒さんをしっかりとウォッチしているかどうかです。それをみるためには、その予備校の教務の担当者に直接連絡をしてみることが良いと思います。「うちの息子の最近の学習状況を教えてください」とストレートに聞いてみてください。そこですぐに答えられない場合には、その予備校の生徒管理体制には問題があります。たとえ、大手予備校であっても、大切なお子さんを預かっている訳ですから、常に彼らとコミュニケーションを取り、状況を把握していないといけません。「いやいや、大手予備校はマスなものなので、生徒1人1人をウォッチしなくても良いんだよ」という考え方は、もう古いのです。少子化の時代に、大切なお子さんを預かっているという大きな責任を予備校は重く考えるべきなのです。たとえ大手予備校のような集団形式の予備校であっても、生徒1人1人をしっかりとウォッチすべきです。
 しかしながら、現実を見てみると、生徒1人1人をしっかりとウォッチしている予備校は少ないと思います。大手予備校から少人数制の予備校を見渡しても、あまりないかもしれません。これは本当に残念なことです。ですので、新たに塾・予備校を選ぶ際には、その点をしっかりと見極める必要があります。